遮熱カーテンとは

遮熱カーテンとは

遮熱カーテンとは、夏は外の熱が室内に伝わりにくく、冬は室内の暖気を外に逃がしにくくする機能をもったカーテンです。
熱をさえぎる機能を持ったカーテンです。
断熱カーテンという人もいます。
ですので、一年を通じて使用すれば電気使用量を削減して省エネ効果を発揮します。

いろんな会社から、いろんな素材を利用してたくさんの遮熱カーテンが販売されています。
それぞれ製品の名前にも、「クール」と名づけられていて、夏向けを謳っているものが多いようです。
通常の、光をさえぎるカーテンに遮熱機能を持たせたものや、光を通しながらも熱をさえぎるもの。レースの遮熱カーテンというものもあります。

遮熱カーテンに似た商品に遮光カーテンがあります。
こちらは主に光をさえぎることが目的のカーテンです。
昔からある、講堂なんかで使われている暗幕などがそうですね。ぶ厚いつくりになっていて、遮光カーテンをとじると部屋の中が真っ暗になってします。
このタイプの中にも、熱をさえぎる機能を持たせた、遮熱・遮光タイプのものがあります。

遮熱カーテンに遮光カーテンの機能を持たせたものなどは、複合タイプとも呼ばれます。
複合タイプには、遮光だけでなく、音をさえぎる防音タイプとか、耐熱タイプ、遮熱レースカーテンでは室内の様子を見えにくくする遮像タイプなどがあります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。